2015年11月02日

ハウスの再建完了しました




気づけば今日は11月でした!



旦那さんの手の痛みと付き合いながらの作業となりましたが、家の前のじいちゃんの水菜のビニールハウスの再建作業がやっと終わりました




新品のパイプではなくて、違うところに建っていたパイプハウスを解体してからの作業でしたし、もとあったパイプハウスとは間口も高さも微妙に違っていたものですから、工夫と調整しながらでしたが、何とか出来上がりました





20151021_161926.jpg

20151030_134304.jpg20151031_175908.jpg




 短い方のハウスは、トラクターの入り口はじいちゃんの前のつぶれたハウスの扉をそのまま使って調整しました


入り口の柱を立てる前に、堆肥をいれたいと、じいいちゃんのご要望でしたから、ソイルさんからトラックで買ってきた堆肥をハウスの中に入れてから、柱とビニペットをとりつけてあります




も一つのハウスの中にも堆肥を入れてありますが、こちらのハウスもじいちゃんが解体した方のハウスの扉を細工して作っていたので、それを吊りレール仕様で取り付けて、トラクターの出入りが楽になるように作りましたよ



20151021_161918.jpg



20151030_133557.jpg


こちらは扉が横にスライドします

 我が家のトラクターが入る高さで作ってあります


以前のハウスよりも高さが出来たので、トラクターの乗り入れも楽になって、じいちゃんご機嫌です




ビニールは今作ってないハウスのビニールを取ってあった新しいのを張ってあげたので、じいちゃん更に喜んでました




この解体から、再建までを業者さんに頼めば、おそらく100万近くかかる思いますよ



自分たちで何とか出来たので、少々ずれていても、いびつでも構いません



新しくレール仕様にしたので、そのライトゲージと吊り金具、ボルトやネジ、足りなかったビニペット数本、ビニペットをつなぐ金具、。。。そのくらいだったでしょうか?



ホームセンター辺りでばら売りでいるぶん購入しましたので、三万もかからず出来ましたね




長い方のハウスに、あと二組だけパイプが足りませんでしたが、つぶれた以前のパイプで使えそうなものを曲げを伸ばして、足りない長さも工夫して繋いで高さを合わせてたてて、パイプの太さが違いましたが、金具で調節して固定出来たので、端の二本で調節して出来ました




今年、85歳を迎えたじいちゃんですが、まだまだやる気満々のようです




見習うべき、人生の大先輩のお手本のような義父です




ハウスがつぶれた時の、肩のがっくり下がったじいちゃんは見てられませんでしたが




再建して、出来上がったハウスを見て、やっと晴れやかな「笑顔」が見れました




良かったです




今日は、さっそく堆肥を広げてしまって、トラクターでおこしていました




本当に働き者のじいちゃんです



posted by ときどき at 00:49| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428903989

この記事へのトラックバック

ペット・動物との暮らしランキングへ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
最近のコメント
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
リンク集
過去ログ
2017年06月(1)
2016年06月(1)
2016年04月(1)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(9)
2015年09月(15)
2015年08月(25)
2015年07月(24)
2015年06月(21)
馬肉専門店【菅乃屋】
参加してます

にほんブログ村

にほんブログ村