2015年10月04日

バス釣り卒業?



三男君の趣味の釣りですが


池巡りで磨いたバス釣りの腕前が


程よく磨きがかかりまして


思うように釣れるようになったんだそうで


昨日は唐突に『バスロッドば2本売りにつれていってくれ』と頼まれまして


釣具の買い取りね~.....何処が良いのかね?


最初、ぐるぐる倉庫へ持ち込み、査定してもらいました


『お待たせしました~8100円になりますが...どうされますか?』と、店員さんがいうと


三男が納得してない顔をしてましたから


は~ヤレヤレ、母の出番です


『すいません、やっぱりやめます』と断ると


ぐるぐる倉庫のお兄さんは、奥のもう少し偉い?店員さんにゴニョゴニョ言って戻って来ると


『ええっと、ロッドのほうが、あと500円づつアップ出来ますが、どうですか?』といきなり1000円アップ!!と言うでわないですか


ちょっとムッとした気持ちになってしまいましたから


『いいえ!やめます!持って帰ります。お手数かけてスイマセンネ』そう断って三男の釣り道具をぐるぐる倉庫で買い取って貰うのは止めました


なんとなく、気にくわなかったもので

ぐるぐる倉庫のお兄さんゴメンね


そのあと、三男が調べてきた釣具のポイントさんが中古釣具買い取りを始めた店舗が熊本市内に出来てるというので、早速其処をめがけて車で出かけました


南熊本の流通団地のバイパス沿いにありました


釣具のポイントさんで早速査定をお願いして、その待っている間にそこの店舗の二階の中古釣具売り場をみてまわっていると


『健ちゃん、何でバスロッド売ると?バス釣りやめると?』と聞いてみたんです


するとおもいもよらぬ答えが帰って来まして、大笑いしてしまいました


三男君の答えは



『バス釣り飽きた』



........ポッカ~ン(-0-;)....

その後大爆笑の母でした


暫くして、査定済んだかな?


と、聞きに行くと、丁度査定がおわった所でして


丁寧に一つ一つ説明してくれまして、ロッド2本、ベイトリール一つ、きずありのルアー12個で

『現金買い取りならば9100円ですが、ポイントカードのポイントで買い取りならば、3000ポイントアップしますので12100ポイントとなりお得ですよ!ポイントは1ポイント1円で、釣具のポイント各店舗でつかえます』とのこと



三男は迷わず『それで買い取りお願いします!』とこたえました



きちんと説明して査定をしてもらって売るのと、ろくに説明もないまま、しかも一旦やめると言うと裏でゴニョゴニョ話をして?あと1000円アップ?


こうも違うもんなんだな~と感じましたよ


買い取りをお願いするときも、納得がいかなければ直ぐには決めずに、時間があるのなら何軒か回ってみるのも良いかもしれません


買い取りの話は一段落着きましたが


この後続きの話がありまして


その増えたポイントで、そのままそこの店舗の二階の中古釣具を物色する三男君の手にはポイントよりも遥かに高いシーバスロッドが!!!!!!!!


皆まで言わずとも解ってしまった母は


その場で三男とニラメッコとなりまして


いつもなら絶対ダメ!と言うところが


三男の『おかずになる魚ば釣ってくっけん!母ちゃん頼む』の言葉に折れてしまいました


バカ親です(;~;)


12100ポイントに、元々カードに残ってた100ポイントプラスして12200ポイント



全部のポイントを使って、更に追い銭18000円を母が打って、三男が手に入れた中古シーバスロッドとPEラインです(母涙)


昨日の晩御飯は肉少しの野菜炒めでした


今夜も質素な晩御飯を作っていると、出かけていた三男がレジ袋になにかさげて帰って来まして、見たら『セイゴ』でした(~0~)ウケタ


宣言通りにおかずになる魚を釣ってきたのでした

                         20151004_180625.jpg
posted by ときどき at 21:55| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三男の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身体が資本〜農家が怪我した時に悩む今




今夜はラグビーの日本代表の対サモア戦が今まさに始まろうとしているところですよ目TV

こんなにラグビーが盛り上がったことは今までなかったと思いますよ

試合もあまり見たことがありませんでしたが、先日の南アフリカ戦のミラクルから注目度はマックスでしょうね

我が家でもテレビで観戦しながら応援していますモータースポーツがんばれ〜グッド(上向き矢印)




さて、10月に入りまして、ボチボチ稲の穂が良い色になってきてます

黄金色の稲穂は、秋の青空とのコントラストがとても綺麗でぴかぴか(新しい)


田んぼに見回りに行くのも楽しみが増す頃です

20150928_101210.jpg


今年の出来はと言うと、台風も大きいのがきましたし、雨が多くて日照時間も心配でしたが、後半のお天気で持ち直したようでして、思いのほか出来ているように見えますが...どうでしょうか?


こればっかりは稲刈りをしてみるまでは何とも言えないんですよね


それにしても、今年の我が家の米作りは昨年末からの旦那さんの怪我が長引いて、まさかの人頼みの米作りとなってしまったんですよね


初めての委託作業での米作りなので、一体いくら費用が掛かるのかも、まだ全く見当がつきません


今年の米の値段は、昨年よりは少し良いようですが、我が家の出来た米の等級が刈って見ないとわかりませんから、全体の採れた俵数からどれだけ手数料を引かれるのかが解らないので不安なのですが、おそらく、米のあがりはほとんどないものと思っていていいでしょうねふらふら


お世話になっているライスセンターさんには、ホントに良くして頂いていまして、何から何までありがたく感じて感謝してますよ

米の政策が変わりつつある今、これからの日本の「米作り」はどう移り変わっていくのかも私にはわかりませんが、我が家の様に意図しない不意の怪我で、農作業ができなくなると、農業という仕事は立ちいかなくなるんだな〜と改めて嫁として考えましたね


農業って、夫婦二人で頑張らないと、メンタル的にも金銭的にも、中々大変でして、しかも私の様に非農家から嫁に来た者には慣れないことも多く、それでも最初の内はがむしゃらに頑張ってみましたが、姑から認めてもらうまでの気持ちのモチベーションを保つのは難しく、しかも子供も設けて、家事を嫌う姑でしたから、家事もやりつつ育児もやって、農作業もやれる限りやりました。

それなのにいつまで経っても私は「よそ者」に感じてしまい、旦那さんは庇ってくれない


給料なんかもらうわけでもなく、買い物用のガマ口の財布にはじちゃんがまだ一括管理していた頃でしたから、たまに思い出したように一万円が入れてあり、それで買い物をして食事を作れということだったのでしょう


嫁に来たての頃は、舅と姑、旦那と私で4人だったのでまだ何とかできていました

でも、私が長男を身ごもるころに、旦那さんの一番上の義姉が東京から親に呼び戻されて戻ってきてから、色々おかしくなっていきましたね

もう、今は色々なことを乗り越えて、仲良く出来ていますが、うちにもありましたよわーい(嬉しい顔)

世間で言うところの「嫁姑騒動」です


どうにもならなくなって、一度は旦那の実家のこの「本家」から逃げ出した私でしたが、乗りこえ、乗りこえ


今は小屋の二階に部屋を別にじいちゃんが作ってくれたので、「離婚の危機」も乗り越えて私達夫婦が農業を支えてきたのですが、三人の息子たちが学費が膨大にかかるこの時に、まさかの怪我に頭をなやますことになろうとはたらーっ(汗)


ホントに、今頭をなやませているところでして、農業を続けていくのが厳しく思えるこれからを、どうやって生活と子供達の学費を調達するか、考えているところなんです。


幸いなことに、5年前から始めたアパート経営と昨年から始めた太陽光発電事業があるので、農業一本ではなかったのでまだ救われています


それに、昨年始めた太陽光発電事業で、先々増やすつもりで寝かせておいた案件が融資が付きそうなので、それを実現するべく、今話を詰めているところです


「二足のワラジ」の予定でしたが、どうなのでしょう・・・農業の方は...厳しい状況ですふらふら


アパート経営は30年借り上げシステムの経営なので、まだまだものにはなっていないところですので

次に増設予定の太陽光発電事業を始める際に、一つ「会社設立」を考えているところです

昨年の太陽光発電システム設置の際に勉強不足で知らずに始めたことが色々あったようですので、今度はしっかり勉強してやりたいところです


うちは、前は旦那さんがお金の管理をしていて、それなのに悪いことをやらかしてくれたので、今は夫婦で共に管理するようになりましたので、事業を始める時もお互いの意見を交換して、納得済み、あるいは了解済みで話を進めるようにしています


本当は、私も農業はとても素晴らしい仕事だなと実感しているのですが、ここへきて、現実問題としての農業の「身体が基本・資本」なんだということに直面して悩んでいます


理想と現実の狭間で揺れている、今の「日本の農業」もどう転んでいくのかも不安で仕方ないのですが・・・








posted by ときどき at 00:10| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 後遺症になってしまいました困り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

外猫ナルト君



秋がくると

お外の猫ちゃん達がサカリがついて

縄張り争いもあって、よく喧嘩してます

わが家にも外猫でいついてるニャンコが二匹いて

同じ母猫から産まれた兄弟で

二年前の10月1日に産まれて、今では一匹だけになった『ナルト君』

そして、
次の年の11月の末におそらく産まれた『リンちゃん』がいますよ

ナルトとリンの母猫は、迷い猫で家にいついてしまった猫でしたが、家の小屋で産まれた、この兄弟ニャンコ達はすっかりわが家の猫として暮らしてます

ナルトもリンも、赤ちゃんの頃は小屋の中で保護して、私が世話をしたので私としてもとても煩悩がありますね(笑)


ただ、家の中で一緒に暮らしている『アムちゃん』が、
気性が荒くて荒くて、、、


仲良く出来るなら、一緒に家の中で飼おうかな?

そう思いましたが、何度か試しに部屋に入れてみましたが、ナルトもリンも、アムちゃんに襲われてしまい、諦めました


でも、網戸越しには仲良くしてるんですよね


なので、小屋の二階に部屋を作って住んでる私達が、夜、小屋の鍵を閉める時にはナルトとリンを呼んで中に入れて閉めておくんです


小屋はどこかしらの隙間があるようで、知らないノラ猫がたまに侵入してきて、小屋の私達の部屋の横で大騒ぎしてるときもありますが、その際、部屋の中でアムちゃんも興奮しちゃって、そりゃそりゃ大変になります

旦那の怪我も、その興奮したアムちゃんにやられたのが発端でした


興奮した猫には近づいちゃいけないことを学びましたね

それに、猫もたくさん病原菌を持っているんだということも知りました


だけど、猫好きは止められず(~0~)


やっぱり一緒に暮らしているんですよね


                         20150923_090756.jpg
ナルちゃんです!貫禄出てきたね!
            
posted by ときどき at 11:28| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット・動物との暮らしランキングへ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
最近のコメント
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
リンク集
過去ログ
2017年06月(1)
2016年06月(1)
2016年04月(1)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(9)
2015年09月(15)
2015年08月(25)
2015年07月(24)
2015年06月(21)
馬肉専門店【菅乃屋】
参加してます

にほんブログ村

にほんブログ村